福山市で整体なら「らいら鍼灸整骨院」へ

骨盤前傾するとどうなるの?

よく出る不具合

そり腰になり腰痛になりやすくなります。

顎や首が前側に出がちになるため首痛や肩こりになります。

そして臀部が後方や下方に出やすくなります。

セルフチェック

頭部と臀部を壁につけて起立した状態で腰にこぶしが入るくらい間隔が開く。

良行な状態は猫の手が入るくらい。

緊張しがちな筋肉

大腿直筋、腸腰筋、脊柱起立筋など

関節の運動連鎖

股関節→内旋、内転、屈曲

膝関節→外反、伸展、内旋

距骨下関節→回内

足が全体的に内巻になりやすいです。

セルフケア

自宅でできるシンプルなケアは大腿直筋のストレッチが有効。

大腿直筋ストレッチはこちら

骨盤後傾するとどうなるのか?

猫背になり下腹がでます。

下腹がでるため内臓を保持している筋肉が弱化し内臓機能がおちる傾向があります。

膝が前に出やすいため膝に負担が加わり膝を痛めやすくなります。

セルフチェック

後頭部と臀部を壁につけて起立した状態で腰に手が入りづらくなります。

緊張する筋肉

おもにハムストリング、大殿筋など

関節の運動連鎖

股関節→伸展、外転、外旋

膝関節→屈曲、内反、外旋

距骨下関節→回外

簡単に言うと足を開いたような姿勢になりがちです。

セルフケア

ハムストリングス、大臀筋など体の後面のストレッチをしてみてください

ハムストリングスのストレッチはこちら

個人差がありますしバランスをとるため骨盤が後傾していても足は内巻きになっている方もいらっしゃいます。

当院のアプローチで股関節部分の調整だけでも骨盤の角度は変わっていることがあります。

姿勢はその人の文化なのですぐに変化しない場合やもとに戻りやすい場合が多いです。全体的に調整して少しづつ理想的な状態に近づけていきます。当院で施術の後セルフストレッチをお伝えしますので続けてみてください。また、ゆるめるだけではなく筋力低下している場合はトレーニングは必要と思います。

こちらも興味がある方はどうぞおたずね下さい。

福山市で整体なら「らいら鍼灸整骨院」へ PAGETOP